業種 :飲食業
利用者 :100名
利用端末 :ガラケー、スマートフォン
現状の問題点 :お店の情報をリアルタイムに共有できない

日本国内で458店舗(※1)を展開するサブウェイ。
世界No.1の店舗数、世界には103ヶ国40,000店以上。
店内で焼き上げたパンにハムやチキン、たっぷりの野菜を挟んだサンドイッチをお客様のお好みに合わせて提供している
サンドイッチチェーンです。

店舗運営指導を行うMC(マーケットカウンセラー)との情報共有について試行錯誤していました。
営業統括本部 枝川幸絵さんに運用で起こっていた問題点について、
経営企画本部 黒田祐介さんに社内SNSを検討した経緯についてお聞きしました。

ご利用イメージ

インタビュー

お店の状況はどうやって確認されているんですか。

サブウェイには店舗の運営指導・管理を行うMC(マーケットカウンセラー)が、全国に現在30名ほどおり、各担当MCより店舗報告を本部にもらっています。

また月に1度、本部にMCが集まり、店舗の状況などの情報交換をしていますが、それだけでは情報が少なく、だからといって全国にいるMCが月に数回集まるのは現実的に難しいため、もっと頻繁に、リアルタイムに情報共有ができないか悩んでいました。

営業統括本部
枝川 幸絵さん

情報共有の方法を探されていたのですね。

新商品のキャンペーンなど、店舗での状況って気になるんです。
そのフィードバックや店舗の状況は、月1度の会議かメール等で報告をもらっていました。これでは、リアルタイムな情報がなかなか把握できず、管理もできません。

もっとリアルタイムに情報を共有して、集めた情報を管理したいと考えた時に、"いつ"・"どこ"の情報が一目でわかるSNSが良いのではと思い、導入したのがキッカケです。

経営企画本部
黒田 祐介さん

SNSを利用してみていかがでしょうか。

新商品のキャンペーン開始に併せて、各担当店舗の店頭・店内の写真とコメントにて報告や情報共有に活用しています。SNSを利用してから、例えば「~が人気」や「~したほうがいい」といった現場のリアルな声の共有が役立っています。

SNS上では画像も見ることができ、これまで見れなかった他店の情報というのもより明確になりました。売上や在庫数っていう報告もリアルタイムに共有出来るので、「このエリアはこれぐらい売れている」といった刺激にもなります。以前から、キャンペーンスタートに併せて、各担当MCが店舗を訪店していましたが、写真などメールでの共有では限界があり、そこを一括で見れるようになったのがSNSの良いところです。

スマートフォンでの利用が多いでしょうか。

ガラケーも多いんです。実は、SNSを検討していく中で「CHITCHAT」を選んだ理由はマルチデバイスということでした。主流がスマホ・タブレットになっていく中で、サブウェイではMC業務を社外にも委託しているため、スマホを支給することができずデバイスがバラバラなんです。

やはりガラケーを持っている方が多く、他システムだとガラケー対応を切り捨ててしまっているところがあり、マルチデバイス対応を求めていました。ここが一番のハードルでした。そういうところで、ガラケー対応されているところが、展開をするにあたってスムーズにできたポイントです。

操作感はいかがでしょうか。

SNSを検討していたときに、よりたくさんの機能を増やすといった進み方をされているところが多かったと思います。ただ、私たちが展開するにあたっては、できるだけ、誰でも使用できる「シンプルさ」が必要でした。

FacebookやLINEといった広く普及しているものに近い方が良いという案もありましたが、使う人だけ使う、若い人ばっかりになってしまうということはせず、タイムラインのような操作に親和性があり、抵抗がないものが新しい仕組みが導入するのに重要でした。そういうところで、本当に選んで良かったと思っています。

現場の声

写真やコメントを共有できるので、担当以外の店舗のツールの掲出状況や個店販促など、リアルタイムで知ることできます。また、他のエリアのMCの声も聞けるので、CHITCHATで知りえた情報(写真やコメントなど)を活用し、担当店舗への提案材料の1つとして使用しています。
首都圏エリア担当

CHITCHATに投稿するようになってからは、リアルタイムで状況の共有が可能になり、またタイムラインやグループごとに閲覧ができ、検索や必要情報が探しやすくなりました。
首都圏エリア担当

会社概要
日本サブウェイ株式会社
東京都港区赤坂3丁目8番8号 赤坂フローラルプラザビル 4F
日本国内で458店舗(※1)を展開。
店内で焼き上げたパンにハムやチキン、たっぷりの野菜を挟んだサンドイッチをお客様のお好みに合わせて提供しています。

※1 2013年10月1日現在

飲食向けホームページ制作 FOOODY ブレインメールのAPI連携